Top > 注目 > エレベーターに鏡がついている理由

エレベーターに鏡がついている理由

エレベーターに設置されている鏡は主に前面や上側部分に設置されています。

これはバックミラーとしての機能を果たすために置かれているもので、車椅子を使う人がスムーズにエレベーターを利用できるようにするのを目的としています。

車椅子の人は、ひとりでエレベーターに乗ると向きを変えることが出来ません。

そのため、降りるときに背後を見ることが出来ないので、入ってくる人とぶつかってしまうなどのトラブルが発生してしまうことがあります。

 

エレベーターの故障

 

このような理由から、背後を確認しながら外に出ることが出来るように鏡が設置されているのです。

よって鏡が設置されているエレベーターは、車椅子に対応しているエレベーターということがわかります。


注目

関連エントリー
エレベーターに鏡がついている理由婚約指輪を売るならお勧めですクラチャイダムゴールドの効果を知るクレジットカードを利用して即日融資を受けるメリット